十市保育園

園の様子

お別れパーティー
3月18日(金)
いよいよ卒園を来週に控えた年長さん。今日は、年長さんに今までのお礼を在園児から伝えるお別れパーティーがありました。在園児を代表して年中組から歌とメダルのプレゼントがあり、年長さんからは各クラスに折り紙で作った花束のプレゼントと歌のお返しがありました。とっても大きく成長した年長さんの姿を見て、自然と目頭が熱くなったことでした。年長さん、今までありがとう。
2022/03/18
峰寺まで散歩に行ってきました
3月4日(金)
きりん組とぺんぎん組が一緒に峰寺まで散歩に出かけてきました。1時間40分のお散歩でしたが、急な坂道や階段も険しい山道も年長さんが優しくリードしてくれ無事に行ってくることができました。
峰寺から見る景色はとってもきれいでしたよ!!
2022/03/04
作品展紹介 【5歳児】
【絵画】
想像する力、物語をくり広げる力の育ってきているきりんぐみ。「自分の干支(ひつじorさる)と○○している所」を描いているうちに、イメージはどんどん広がりとっても楽しい絵になりました。今年の干支のトラを「お面」に見立ててつけている子ども達にもご注目下さい。
【製作】
指先を使った細かい作業にも根気よく取り組み、毛糸を使って目を落とさないように集中しながらぬいぐるみの土台作りをしました。「○○が作りたい」と作る目的をもっているので顔や体作りは友だちと「何使う?どれにする?」と会話を楽しんだり、友だちの作品を参考にしたりしながら作りあげ、かわいい「十市の森」ができました。
2022/03/01
作品展紹介  【4歳児】
【絵画】
絵は1年間の作品の中から1番成長の感じる”おもちつき”を選びました。進級当初は自分で人の絵を描くことが難しい子もいましたが、顔と胴体をしっかりと描くことができるようになったり、色を丁寧に塗り込むこともとても上手になりました。一人ひとりが楽しかった様子を思い出しながら、色彩豊かにのびのびと描いて表現することを楽しみました。
【製作】
紙粘土を使ってお雛様を作りました。体の部分には選んだ和紙の千代紙を細かくちぎり、一枚ずつ丁寧に貼りながら素敵な着物に見立てました。髪の毛は黒の毛糸をくっつけ、顔はペンで自由に描き、クリクリの目やニコニコ笑顔など表情は様々です。慣れないボンドに苦戦する姿も見られましたが、指先を使った細かい作業も集中して取り組み、やっと完成した時は嬉しさと達成感溢れる笑顔がとても素敵でした!是非、お家でも飾ったり、製作中のお話などたくさん聞いてあげて下さいね。
2022/03/01
作品展紹介 【3歳児】
【絵画】
♪ゆきやこんこん…♪と口ずさみながら、ダイナミックに絵の具で雪だるまを作ったり、いろいろな素材を使って、楽しみながら完成した作品です。
【製作】
今年の干支である寅のおめんを製作しました。はりこに、1枚1枚丁寧に貼り、貼っても貼っても進まない根気のいる作業。”ふぅ~””あと少しー”と言いながら頑張っていた子ども達。一人ひとりの表情も可愛らしく出来上がりました。
2022/03/01
作品展紹介 【2歳児】
【絵画】
絵の具、クレパスをはじめ色んな用具や素材に触れ、こいのぼり・てるてるぼうず・アイスクリーム・りんごの木クリスマス、お正月(干支)など季節にちなんだ絵を描いて(作って)きました。丸や顔が描けるようになったり、一年間の成長も見ていただけたらと思います。
 
【製作】

乗り物と粘土遊びが大好きなぺんぎん組さん。「くるまつくるが?!」と自分の好きな色の粘土を選びながら喜んで作りました。出来上がると早く自分の車で遊びたくてうずうずしていました。

2022/03/01
作品展紹介 【1歳児】
【絵画】
1年を通して、ダンボールや大きな紙に色鉛筆やクレヨンを使ってお絵描きすることを楽しんできました。手首や腕全体を動かせるようになり、トントン描きからグルグル描きへと、どんどんダイナミックになり線と線を閉じて丸が描けるようになった子もいます。また「(これは)ママ・パパ」「見て、アンパンマン!」など、イメージを持って描くことを楽しめるようにもなってきました。
【製作】
 子ども達が大好きな歌の絵本、「おばけなんてないさ」を題材にして「おばけ」を製作しました。
「おばけなんてないさ~、おばけなんてウソさ~♪」と元気いっぱい歌っている子ども達。”おばけって本当にいるのかな?””見たことないけど、ちょっぴり怖そう…”など、想像を巡らせている子もいます。
ストローや綿、エアークッション、おはながみ、トイレットペーパーの芯など、様々な素材に触れ、指先でつまんだり丸めたり…。それぞれが好きな物をたくさんビニールに詰め、目や口、手を付けて完成させました。
2022/03/01
作品展紹介 【0歳児】
【絵画】
初めはクレヨンを食べようとすることから始まったお絵描き(笑)シール貼りをしたり、ポットン落としをしたり指先を使った遊びを通して指先の機能が発達してきました。クレヨンを持ち、手を動かすと色がつく、その工程をし理解することで”描く”という遊びが定着してきました。高月齢の子は、自分で画用紙やクレヨンの色を選び自由に描いていました。低月齢の子も、クレヨンをもってトントンと画用紙に色をつけることを楽しみました。月齢によって、力強さや描き方もそれぞれですが、みんな描くことを楽しみました。
【製作】
あひる組さんはこれまで様々な色に触れてきました。始めては絵の具。手型、足型をとりました。しゃぼん玉、次にクレヨン、ペン、洗濯のりと絵の具を混ぜたもの(11月の製作)等色々な感触の素材と色に触れてきたことで集大成として虹を描きたいと思いました。どの様に虹を作ろうかと試行錯誤し初めはスポンジでやってみましたが難しかったです。その次は保育者と一緒にローラーを使ってみるとうまくいき始め、3色の色を使って虹を作りだすことができました。ローラーを何往復もさせる事を楽しんでいたり、ローラーの部分に興味をもって触る子もいました。子ども達が作った作品を保護者の方に身近に使っていただけるものにしたいと思い、マルチケースに仕上げました。
2022/03/01
春を見つけてきたよ♪
2月22日(火)
今週は春を見つける散歩週間として、各クラスが散歩に出かけ春を見つけて来ています。
今日は年長児が散歩に出かけ、菜の花や梅の花、カエルの卵などを見つけてきました。散歩の途中、めだか池の辺りで鳥の卵も見つけてきたみたいですよ!!
少しずつ保育園にも春が近づいて来ているようですね♪
2022/02/22
ついに鬼がやって来た・・・
2月3日(木)節分。今年も十市保育園に鬼がやって来ました…。
今年の鬼は、赤・黄・緑の三匹!!『ドンドンドン』と園内に響き渡る太鼓の音ともに鬼が現れ、『頑張って鬼をやっつけるぞ~!!』と団結していた子ども達も、鬼の姿を見た途端に散り散りに…。やっぱり鬼は怖かった…。
でも、勇気を出して『鬼は外、福は内~!!』と豆まきを頑張りましたよ。投げる豆が無くなった後も、一向に山に戻ろうとしない鬼に、『お福さ~ん!!』と口々に助けを求める声があちらこちらで。
子ども達の祈りが届いたのかお福さんが登場すると、お福さんの周りに子どもたちが自然と集まっていましたよ。
お福さんになだめられ鬼も無事に山に戻り、保育園にやっと平和が戻りました。みんなよく頑張ったね!!
 
2022/02/03
Page  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19
このページのトップへ