十市保育園

園の様子

年長児クッキング よもぎまんじゅう
5月19日(金)
年長児のクッキング活動があり、ヘルスメイトさんを交えてよもぎまんじゅうを作りました。
コロナ禍もあり、年長児の子どもたちにとっては初めてのクッキング活動となりました。
『ドキドキする~』と言いながらもヘルスメイトさんに習いながら上手にあんこをまんじゅう生地に包むことができていました。作ったよもぎまんじゅうはおやつに頂き、年下のクラスの子どもたちもパクパクと食べていましたよ。年長組さんありがとう。
2023/05/19
おやこ運動会
5月13日(土)
おやこ運動会が行われました。今までコロナ感染症予防の為、時間短縮・制限といった行事運営でしたが今回は、制限なく通常に戻しての開催でした。天気も心配される中、年長児の作った特大てるてる坊主に願いも届いたようで無事に最後まで行うことが出来ました。予定より30分前倒しし、急な時間変更にも対応して下さり本当に保護者の皆様には感謝しています。ありがとうございました。
運動会では子ども達の頑張りやたくさんの笑顔を見ることができましたね。これから行事もたくさんあり、子ども達の笑顔をいっぱい届けたいと思いますので楽しみにしていてください。
2023/05/13
入園式
4月4日(火)
令和5年度の入園式が行われ、十市保育園に新しく17名の子どもたちが入園しました。初めての保育園に、お家の方も子どもたちもドキドキした事と思います。
最初のうちはお父さん・お母さんと離れるのが寂しくて涙を見せることもあるかと思いますが、一日でも早く保育園がお子様にとって安心して過ごせる場となるように職員一同、精一杯日々の保育にあたりたいと思います。一緒にお子様の成長を見守らせてください。
本日はご入園おめでとうございます。
2023/04/04
終業式
3月27日(月)
先週の土曜日は年長児の卒園式があり、今日は在園児の終業式がありました。
終業式では進級のプレゼントを保護者会より頂きました。新しいクラスで使ってください。
また終業式では、今年度までの退園児と退職する職員の紹介もありました。
お別れするのは寂しいけれど、新しい所でも頑張ってください。
またいつでも十市保育園に遊びに来てね。
2023/03/27
卒園式
3月25日(土)
令和4年度卒園式が行われました。
いつもと違った雰囲気に少し緊張を見せつつも無事に最後の大役を務めた年長組さん。
お家の方に成長した姿を見せることができましたね。
年長さん、ご卒園おめでとう。小学校に行っても元気いっぱい色んなことに挑戦して頑張ってね。
十市保育園の先生は、いつでもみんなのことを応援しているよ。
2023/03/25
お別れ園外保育
3月17日(金)
今日は、もう少しで卒園する年長さんとの交流としてお別れ園外保育を予定していましたが、あいにくの天候で園外に出ての交流はなくなってしまいました。けれど、それぞれにクラスで活動を楽しみ年長さんからのプレゼントも受け取りました。在園児からは、みんなを代表して年中児より歌のプレゼントとメダルが贈られました。幼児組クラスはお昼にお家の方が作ってくれたお弁当を食べました。朝早くからのお弁当作りありがとうございました。
年長さん、小学校にいったら遊びにお勉強と頑張ってね!!
 
2023/03/17
春を見つけてきたよ!!
2月21日(火)
今週は『春を見つける散歩week』として各クラスが散歩に出かけ、春を探しに出かけています。
今日は、年少児うさぎ組と年長児きりん組がそれぞれ散歩に出かけ春を見つけてきました。年少児は卒園児の祖母の方から、菜の花や梅の花を頂き、ブロッコリーを見つけた子が「ブロッコリーもある~」と言ったことでブロッコリーも頂きました♪
年長児は、つくしにたんぽぽを摘んできました。散歩道では、桃の花と梅の花・てんとう虫を見つけてきたそうです。春が少しずつ近づいてきてますね。
2023/02/21
作品紹介【5歳児】
絵画【お気に入りの1枚】
 きりん組の一年間で取り組んだ季節の作品(絵)の中から、自分でお気に入りの一枚を選びました。「髪版画」や「運動会」、「お芋ほり」「節分」など、この一年、本当に楽しかったことがたくさんありました!子ども達の思い出の詰まった経験画や作品をご覧ください。
 
製作【ありがとう こころをこめて】
 これまで広告紙をクルクル丸め、弓矢やクリスマスツリーなど色々な物を作ってきたきりん組さん。クルクル棒づくりは指先を使います。手先や指先は脳と関連性が強いため、手先を積極的に動かす事で神経を発達させ脳に刺激を与えられます。力の入れ具合も難しく、細かく長く作るにはそれなりのコツと根気が必要です。今回の作品展では、自分で作ったクルクル棒でカゴを作りました。お家の方にプレゼントして喜んでもらおうと、カゴの中にはたくさんお花を作って入れています。子ども達が「ありがとうのこころ」を込めて作った作品です。ぜひご覧ください。
2023/02/17
作品紹介【4歳児】
製作【干支飾り ~紙粘土製作~】
 1月、保育室前に展示していた「お正月飾り」を少しアレンジして、紙粘土でうさぎを作って「干支飾り」を作る事に挑戦しました。こね過ぎると乾いてくる紙粘土、細かい顔のパーツ作りや絵の具での色ぬりに苦戦しながらも完成を楽しみながら丁寧に仕上げていきました。どことなく子どもたちに似ている気がする表情豊かなうさぎの顔に注目しながらご覧ください。
 
絵画【1年の作品から】
 4月から描いたり製作してきた作品の中から子どもたちがそれぞれ”お気に入りの1枚”を選びました。1枚ずつ作品を見ながらその時の様子を思い出したり振り返ったりして「これを見てもらいたい!」というものを選んでいますので、作品を一緒にご覧になりながら選んだ理由なども聞いてあげて下さい。子どもたちの成長と共に作品にも変化が見られ、動きや表情が豊かになったり、細かい部分まで描けるようになったりしています。そんな変化もお楽しみください。
2023/02/17
作品紹介【3歳児】
絵画【一年の中から】
 うさぎ組の一年間で、描いたり、貼ったり、切ったりして取り組んできた絵や作品の中から、自分のお気に入りの一枚を飾りました。自分の一年の作品を見ながら「こんなの描いた(作った)ね」と懐かしく思い出したり、「ん-、どれにしよう?」と真剣に悩んでいる姿がありました。一番多く選ばれたのは最新の節分の絵。怖かった”鬼”(豆まき)を楽しく?!思い出しながら描いたことがまだ鮮明に残っていたのでしょうね。一つ一つの絵から子ども達の楽しく、そして一生懸命取り組んだ姿が目に浮かんでもらえたら嬉しく思います。
 
製作【ゆらゆらうさぎ】
 今年の干支は”兎”、そして”うさぎ組”の思い出として、”うさぎ”を作ることにしました。最初に見本を見せると「かわいい。はやくつくりたい!」と意欲満々で、「〇色にする」と4色の中から自分の好きな色を選んで、自分の番が来るのを楽しみに待っていました。体は、平たく伸ばした粘土を土台に入れ込み、目と鼻にビーズをくっつけました。ビーズの位置や目の形で、それぞれ表情の違う”うさぎ”が出来上がりました。福島の郷土玩具「赤べこ」みたいに、顔がゆらゆらと揺れるのもポイントです!お家に持って帰った時にはぜひ飾って下さいね。
2023/02/16
Page  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26
このページのトップへ